クローズアップメモ

岐阜BBSライブ(信長祭り)

岐阜県BBS連盟、岐阜山県保護区保護司会、岐阜市更生保護女性会の連携事業
<ステージ>
むすび@せんせーしょん
LOVER
CLOVER
富有樂猩
コモンビート
ホローズ

 我が国の犯罪、特に少年非行の現況は、その発生件数が依然として高水準にありその内容も凶悪事件が後を絶たないばかりか、窃盗事犯や薬物乱用事件も多発し、無職少年による非行の増加等が認められ、その動向は予断を許さない状況にあります。
本会は、この現況を踏まえ、保護司としての使命を一層認識し、資質の向上と組織の充実を図り、各部会・各委員会を通して下記の活動を実施します。

  • 1 犯罪予防活動の推進
  • 5 協力組織との連携の促進
  • 2 処遇支援活動の推進
  • 6 会員相互の親睦活動
  • 3 各種・研修の実施・協力
  • 7 その他
  • 4 保護司会連合会等との連携

主な年間行事

4月岐阜山県保護区保護司会総会
第1回定例研修(犯罪動向と再犯防止推進法)
5月“社会を明るくする運動岐阜市推進委員会”
6月“社会を明るくする運動山県市推進委員会”
7月社会を明るくする運動街頭啓発活動(岐阜市)
社会を明るくする運動街頭啓発活動(山県市)
書写・書道表彰式
8月SST研修
9月第2回定例研修(保護観察経過報告書)
10月統一自主研修(ぎふメディアコスモス)
社会を明るくする運動(金華山トレッキングイベント)
11月第3回定例研修(事例研究)
顕彰式典(多治見市バロー文化ホール)
12月 
1月作文コンテスト表彰式
2月第4回定例研修(就労支援)
3月 

サポートセンター

保護司・保護司会が地域の関係機関と連携しながら、地域での更生保護活動を行う拠点として、平成23年度より、岐阜県更生保護会館内に設置されております。
更生保護に関する身近な相談役としてご利用ください。

機能

  • 保護観察処遇・活動の支援
  • 地域の機関・団体とのネットワークを活用した犯罪・非行防止活動
  • 保護司へのサポート
  • 地域への更生保護活動に関する情報提供

ご利用時間と問い合わせ先

平日9:00〜16:00(保護司が常駐しております)
岐阜山県保護区保護司会 岐阜県更生保護会館内
電話 058-264-9331

故吉田左源二東京芸術大学名誉教授のデザインによるもので、18枚の菊の花弁にひまわりと旭日が重ね合わされ、輪郭の輪には人の輪が、紅地には人の心・熱情が表されています。

黄色い羽根について

「黄色い羽根」を本運動への賛同のしるしとして、第61回運動から正式な広報資材として活用することが確認 されました。「黄色い羽根」は、長崎地区保護司会が考案し、第58回の運動から取組を始めたもので、運動のシンボルマークであるヒマワリと、刑期を終え出所した男性をあたたかく迎える夫婦愛を描いた映画「幸福の黄色いハンカチ(昭和52年、山田洋次監督)」にヒントを得て作られたものであり、全国各地に広がりを見せています。